今からできる、選ばれるためにあなたがするべき3つの方法

なかなか仕事が取れない・・・そういう翻訳者の方に多く出会います。また、エージェント経由の場合、まっとうな収益を上げることが困難になることも少なくありません。
そういう方に話を聞くと、実は共通する点があります。それは、・・・
翻訳技術を磨くことに大半の時間を割いていることです。確かに、翻訳を仕事とする以上、不要であるとは言いません。しかし、あなたを選ぶ側の人間が、翻訳技術の差を正確に判断できているでしょうか。
選ぶ側にとっては、翻訳はできて当たり前。本当は、もっと違う情報の差異で選んでいるのです。選ぶ側にとって有効な情報を発信しない限り、実はあなたに仕事は来ないんです。
本セミナーでは、特許事務所冬の時代と呼ばれる中、開業5年で特許業務だけで50件強のクライアントを獲得した弁理士が、あなたが選ばれるために必要な、今からでもデキル3つの情報の伝え方について伝授します。

■参加して欲しい方は、こんな方

・なかなか仕事が取れない方
・どんどん単価が下がる方
・営業なんてしたことないという方
・何から始めればいいのかわからない方

 

Profile: 福永 正也

愛知県生まれ。2006年に特許事務所を開業し、まったくの顧客数0(ゼロ)から、特許業務だけで5年間で50社の新規クライアントを開拓。企業勤務時の労働組合設立経験から体得したコミュニケーション術を駆使して、関係性ビジネスにおける顧客へのアプローチ方法を体系化し、各種セミナー等を通じて伝授している。
また、士業勉強会「SAMURAI DAMASHII」主宰として、対話術を活用した、士業の先生方の「顧客開拓」を直接支援。士業間連携による真のワンストップサービスの土台作りに邁進している。