Good Writing in English and Japanese Children’s Literature

Profile: Cathy Hirano

Cathy Hirano is a Japanese-English translator who learned translation on the job. After completing her Bachelor degree in cultural anthropology at International Christian University in 1983, she began translating professionally in Tokyo for a Japanese  construction engineering firm, translating project reports for international development projects. In 1987, she and her husband moved to Kagawa to get away from the big city, and she has translated freelance ever since. Her fields include social sciences, culture, architecture, and art among others. Her favorite field, however, is translating children's and YA literature, and her translations have been awarded the Mildred Batchelder Award, among others. In adult non-fiction, her translation of The Life-Changing Magic of Tidying Up by Marie Kondo recently became a best-seller in the USA, Canada and the UK.

 

Profile: Yumiko Kotake

早稲田大学法学部卒業、香川県高松市在住。1995年、41歳で、ジャクリーン・ウィルソン著『みそっかすなんていわせない』(偕成社)により文芸翻訳者としてデビュー。以来、英語圏の児童書、ヤングアダルト、一般書を手掛ける。

訳 書に、一般書:アリス・マンロー著『イラクサ』『林檎の木の下で』『小説のように』『ディア・ライフ』『善き女の愛』、ジョン・アーヴィング著『あの川の ほとりで』『ひとりのからだで』、ゼイディー・スミス著『ホワイト・ティース』『直筆商の哀しみ』(以上新潮社)、ポール・トーディ著『イエメンで鮭釣り を』、ポール・ハーディング著『ティンカーズ』(以上白水社)、ヤングアダルト:A.N.ウィルソン著『猫に名前はいらない』(白水社)、ダイアン・コー ルター・トーマス著『親愛なるE』(ポプラ社)、ティム・ウィントン著『ブルーバック』(さ・え・ら書房)、児童書:ジャクリーン・ウィルソン著『バイバ イわたしのおうち』『ふたごのルビーとガーネット』『トレーシー・ビーカー物語』(2巻、3巻)(以上偕成社)などがある。

訳書リスト

一般書
『なにもかも話してあげる』 ドロシー・アリスン著、晶文社、1997年。
『ホワイト・ティース』(上下) ゼイディー・スミス著、新潮社〈新潮クレスト・ブックス〉、2001年。
『女船長、ロブスターの島に帰る』 リンダ・グリーンロウ著、白水社、2003年。
『直筆商の哀しみ』 ゼイディー・スミス著、新潮社〈新潮クレスト・ブックス〉、2004年。
『ナターシャ』 デイヴィッド・ベズモーズギス著、新潮社〈新潮クレスト・ブックス〉、2005年。
『イラクサ』 アリス・マンロー著、新潮社〈新潮クレスト・ブックス〉、2006年。
『サフラン・キッチン』 ヤスミン・クラウザー著、新潮社〈新潮クレスト・ブックス〉、2006年。
『親愛なるE』 ダイアン・コールター・トーマス著、ポプラ社、2006年。
『ashes and snow 手紙で綴られた小説』 グレゴリー・コルベール著、Flying Elephants Press、2007年。
『林檎の木の下で』 アリス・マンロー著、新潮社〈新潮クレスト・ブックス〉、2007年。
『極北で』 ジョージーナ・ハーディング著、新潮社〈新潮クレスト・ブックス〉、2009年。
『イエメンで鮭釣りを』 ポール・トーディ著、白水社〈エクス・リブリス〉、2009年。
『リリアン』 エイミー・ブルーム著、新潮社〈新潮クレスト・ブックス〉、2009年。
『ウィルバーフォース氏のヴィンテージ・ワイン』 ポール・トーディ著、白水社〈エクス・リブリス、2010年。
『小説のように』 アリス・マンロー著、新潮社〈新潮クレスト・ブックス〉、2010年。
『あの川のほとりで』(上下) ジョン・アーヴィング著、新潮社、2011年。
『ティンカーズ』 ポール・ハーディング著、白水社〈エクス・リブリス〉、2012年。
『アンネ・フランクについて語るときに僕たちの語ること』ネイサン・イングランダー著、新潮社〈新潮クレスト・ブックス〉2013年
『ひとりの体で』(上下)ジョン・アーヴィング著、新潮社、2013年
『ディア・ライフ』アリス・マンロー著、新潮社〈新潮クレスト・ブックス〉2013年
『善き女の愛』アリス・マンロー著、新潮社〈新潮クレスト・ブックス〉2014年

児童書・ヤングアダルト
『みそっかすなんていわせない』 ジャクリーン・ウィルソン著、偕成社、1995年。
『バイバイわたしのおうち』ジャクリーン・ウィルソン著、偕成社、2000年。
『ふたごのルビーとガーネット』ジャクリーン・ウィルソン著、 偕成社、2001年。
『マイ・ベスト・フレンド』ジャクリーン・ウィルソン著、偕成社、2002年。(2011年に童話館出版より再刊)
『嵐をつかまえて』ティム・ボウラー著、白水社、2002年。
『猫に名前はいらない』 アンドルー・ノーマン・ウィルソン著、白水社、2004年。
『ダストビン・ベイビー』ジャクリーン・ウィルソン著、偕成社、2004年。
『タトゥーママ』ジャクリーン・ウィルソン著、偕成社、2004年。
『14歳のX計画』ジム・シェパード著、白水社、2005年。
『シークレッツ』ジャクリーン・ウィルソン著、偕成社、2005年。
『ブルーバック』ティム・ウィントン著、さ・え・ら書房、2007年。
『トレイシー・ビーカー物語』 2-3 ジャクリーン・ウィルソン 偕成社, 2010.9.
『ファッション・ガールズ 1 おしゃれに大変身!』ケリー・マケイン著、ポプラ社、2009年。
『ファッション・ガールズ 2 デザイン・コンテストにちょうせん!』 ケリー・マケイン著、ポプラ社、2009年。
『ファッション・ガールズ 3 ときめきのアイドル・バンド結成!』 ケリー・マケイン著、ポプラ社、2010年。
『ファッション・ガールズ 4 まさかの映画デビュー!』 ケリー・マケイン著、ポプラ社、2010年。