Not Getting Lost in Translation

Diane will explain the basics of Rakugo and talk about the challenges of adapting Japanese stories for English-speaking audiences. How can the authenticity of the story be maintained? What are some of the problems that arise when translating humour? What process does she use for developing stories so that the humour is not lost in translation? What are some of the main points that need to be considered when performing for a mixed audience of children, adults, elderly folk, people with disabilities or non-native English speakers? Diane will share her experiences in overcoming these hurdles without compromising the humour.

 

プロフィール:ダイアン吉日

イギリス、リバプール出身の英語落語家。
ロンドンでグラフィックデザイナーとしと働いていたが、世界中を旅してみたいと一念発起、バックパッカーの旅に出る。1990年、旅の途中で友達に勧められ来日、たちまち華道・茶道・着物などの日本文化に魅了される。1996年、英語落語の先駆者、故桂枝雀氏の落語会で「お茶子」*をする機会を得て落語との運命の出会いを果たす。その巧みな話芸とイマジネーションの世界に感銘を受け落語を学び始め、1998年、自ら初舞台を踏む。以来、古典から創作まで様々な工夫をこらして演じ、「わかりやすい落語」と幅広い年代に愛されている。今までに50ヵ国以上を旅した経験談や、日本に来たときの驚き、文化の違いなどユーモアあふれるトークを交えての講演会も好評。
また、これまでの日本と海外の文化の懸け橋となる国際的な活動が高く評価され、2013年6月に公益財団法人世界平和研究所において第9回中曽根康弘賞 奨励賞を受賞。
ほんの数ヶ月の滞在のつもりが、すっかり日本文化に魅せられ、今では華道、茶道、着付けもこなすパワフルパフォーマー。またバールーンアーティストとしてもの一面も持ち、「笑い」で世界をつなぐ懸け橋となるべく国内外、各種イベントで意欲的に活動中。