医療専門翻訳者にとって新しい可能性を拓く医療通訳

医療通訳の概要: 
1.医療専門の会議通訳者と医療通訳者との違い
2.医療通訳者の役割
3.医療通訳者に求められる文化的知識、通訳スキル、倫理・業務規程
4.医療通訳業界の近況~東京オリンピック・パラリンピック開催に向けて~
5.遠隔医療通訳の紹介 
医療通訳のロールプレー:
ロールプレーでは、患者、医療従事者、病院職員、医療通訳者役を演じていただきながら、 医療現場での言語や文化の障壁について学んでいただきます。

 

プロフィール:竹迫和美

昭和 54 年NHK「ニュースセンター9時」ニュースキャスター。平成 20 年東京外国語大学大学院 国際コミュニケーション研究科通訳専修コース修 了。米国における医療通訳の発展について研究し、平成 26 年大阪大学より博士号取得。 米国で 1986 年に創設、世界で 2000 人以上の会員を有する医 療通訳者の職能団体 IMIA(International Medical Interpreters Association)の米国本部理事・日本支部代表。スペイン語・英語会議通訳 者や医療通訳者としての経験をもとに、医療通訳専門トレーナーとして大学、 自治体、NPO が主催する研修コースで教育に取り組む。多言語医療通訳の 実践には遠隔医療通訳の実践が肝要との視座に立ち、日本遠隔医療学会 遠 隔医療通訳分科会長として実証研究も推進。平成 26 年香港、北京、韓国代表とともに、IMIA アジア国際シンポジウムを開催。平成 27 年 10 月 9 日東 京にて IMIA 日本支部年次総会・国際シンポジウム開催予定。